一棟売りマンションで不動産投資|安定した収入をGET

微笑む女の人

狙い目な物件とは

部屋

地方と都市部との違い

一棟売りマンションには、当然のごとく高額なお金が動くことになります。大きな金額を不安なく流動させるためには、安易な行動は慎まなければなりません。一棟売りマンションの購入を検討しているなら、さまざまな状況を複合的に査定する判断力が大切です。一棟売りマンションを購入するとき、地方と都市部のどちらが良いかはよく俎上にのぼることです。もちろん、それぞれに一長一短がありますが、もしより安定感を求めたいのであれば、都市部の一棟売りマンションの方が狙い目かもしれません。というのも、都市部マンションは物件の価値が下がりにくく、安定的に家賃収入を得られるからです。一方、地方の一棟売りマンションの購入を検討しているなら、キャッシュフローでの利益を考えた方がより収益を増やせます。

どんな物件が狙い目か

狙い目の一棟売りのマンションは、もちろん時と場合によって事情も変わってくるでしょうが、まずリスクとリターンのバランスで決まってくることが多いと言えます。リスクは当然低い方が良いですよね。しかしリスクが低くても、リターンがそれほど見込めないのであれば、一棟売りマンションよりもワンルームマンションなどの物件を狙った方がより低リスクでハイリターンです。一棟売りマンションの場合、もちろんリスクが低いことは前提ですが、ある程度の安定したリターンが見込めるかどうかも重要な参考基準となるのです。たとえば、物件の大きさはやはりある程度大きな方が良いでしょう。あまり小ぶりであり過ぎると、大きなリターンが見込めないので、大きめの物件の方が収益の安定性から見て狙い目なのです。