一棟売りマンションで不動産投資|安定した収入をGET

微笑む女の人

比較してみてわかること

集合住宅

区分所有との比較

一棟売りマンションとは、一棟丸ごとで販売しているマンションのことを言います。これに対して、区分マンションというものもありますが、これは一棟丸ごとではなく、ワンルームごとに分けて販売している投資商品のことを指します。一棟売りマンションにせよ区分マンションにせよ、考えなければならないのはいかに収益を得るかということです。そういった収益のことを考える場合、まずリスクとリターンのバランスを考察していく必要があります。一棟売りマンションの場合、リスクは大きなお金が動くということです。一方でリターンも大きなものになります。それに対して、区分マンションは投資額が小さくて済みます。しかしリターンもその分小さくて済みます。区分マンションの場合、購入したワンルームに入居者がいるうちはリターンが得られますが、空室になってしまうとリターンがゼロになってしまうこともあります。これは明確なリスクです。こうしたリスクを考えると、一棟売りマンションのリスクとリターンのバランスの方が優れていることが分かるのです。

収入の変動が小さい

一棟売りマンションの場合、区分マンションと比べて収入の変動が小さいというところに大きなメリットがあります。ふつうマンション経営をすると、入居率によって収入が決まってきます。入居率が低い、すなわち入居者がいないと、家賃収入が得られず、収益を確保することができなくなるわけです。区分マンションのケースだと、入居者を集められなかった場合のリスクが高いのです。一方、一棟売りマンションは、たとえ入居者を集められなかったとしても、収入の変動地としては小さなものに過ぎません。というのも、一棟売りマンションならば複数の部屋を貸すことができるため、たとえ空室がいくつかあったとしても、収益がゼロになることはまず考えられないので、収入の変動が小さくなるというわけです。